かゆみが首回りや膝の裏に出るのはなぜ?

首周り、ヒザの裏、ヒジの裏、足の付根など「節」の部分は、汗がどうしても溜まりやすく、また折りたたんで密着することも多く、かいた汗が乾きにくい部分です。こういう部分にはどうしてもあせもや脂漏性湿疹、アトピーの初期のかゆみが起こりやすいんです。

汗でもなんでも、湿っているとそこには雑菌が湧きやすいですよね?その雑菌に反応して免疫反応が起こりヒスタミンがかゆみ神経を刺激してかゆみが起こります。

汗をかいたり濡れた時は節の部分をまず重点的に拭きましょう。ベビーパウダーなどつけてサラッとさせておくといいですね。とにかく湿った状態で置いておかないことです。そしてぜったいに搔きむしらないこと。弱い部分ですので皮膚が傷つきやすいです。

そんな湿疹やあせもが出来るのは汗や雑菌にアレルギー反応を起こしやすいから・・・と先ほど書きましたが、そんな何でもない物質にアレルギーを起こすのはどうしてか知ってますか?

普通の免疫力なら汗に混じった雑菌などには必要以上に反応しないはずですが、アレルギー体質ですぐ湿疹が出る人は免疫力のバランスが悪いんです。免疫力には大きく分けて顆粒球とリンパ球という、それぞれ異なった働きを持つ免疫細胞がありますが、アレルギー体質の人はリンパ球の数が普通よりも多く、判断を誤りがちな免疫系になってるんです。

そんな免疫系のバランスを元に戻すには「腸」を改善すればいい・・・とどこかで聞いたことはないですか?まだまだ研究途上ではありますが、最近腸内環境と免疫力の深い関係が明らかになりつつあります。

昔から「体質改善するにはまずは便秘を解消しよう!」とは言われていましたが、根拠が分かる前から実感として言い伝わってるのだと思います。体質改善というのは実は免疫力の改善と同義で、便秘を改善すれば→体質が変わって不調が改善することが昔からわかっていたのだと思われます。

アレルギー体質で困っている方は、時々湿疹が出て気になってる今のうちにしっかり改善していきましょう。

>> 嫌なアレルギーを改善していく方法とは?