風呂あがりに多い!かゆみが急に広がる理由

お風呂あがりにかゆみが気になるのは冬場が多くないですか?年中ではないのでつい忘れて対策を怠るのですが、寒くなってくると出てきて思い出す・・・といった感じではないでしょうか?

お風呂あがりのじんましんは「温熱じんましん」の可能性があります。大体は元々アレルギー体質の人が多いのですが、寒い脱衣所から熱いお風呂へ入って血行が急に良くなり、ヒスタミンを含んだ体液が血液内から皮膚下に滲み出しふくらみを作ってじんましんができます。

多分、アレルギー体質の人は体内を循環してるヒスタミンがアレルギーを持ってない人よりも多くて、何かのトリガー・・・この場合は温度差でヒスタミンが働き出し、血管を広げて浸潤しやすくなり皮膚下に溜まるのだと見ています。ヒスタミンの本来の働きは、血管拡張、神経伝達、血管壁の浸透性を高めるなどです。

体が温まるとかゆみってひどくなりますよね。血管拡張が大いに関係してるのではないかと思ってます。アレルギー体質の人の体内にヒスタミンが多く漂ってるのは、免疫系が誤爆した脂肪細胞の中のヒスタミンが処理されず残っているためだと思われます。アレルギー体質でない人はそもそも免疫系の誤爆が起こりませんから、そう簡単にはじんましんもかゆみも起こらないのではないか・・・とかゆみを研究していると思うのです。

とにかく温熱じんましんを防ぐには、寒暖差を早めに縮める努力を。お風呂で体温が上がってしまうのは仕方ないので、上がったらすぐに冷やしたタオルでクールダウンするなどの工夫が必要です。

そもそも、アレルギーが起こりやすいのはアレルゲンだけが原因ではなく、アレルゲンを受容する体の免疫力に問題があるのではないか・・・というのはずっと言われてることです。

免疫力を正常に戻すのに重要なのは「腸」。免疫力をアップしましょう!という時に便秘の解消がよく上がってくるのはそのためです。免疫アップの食事・・・と言いますが、よく見てみるとそれも腸内環境を良くする食材が上げられているのがわかると思います。

腸と免疫力は深い関係があります。腸の環境が良くなければ免疫力は賢くなれないのです。アレルギー体質でしんどい思いをしてる方は、そろそろ免疫力と向き合い本格的に改善していきましょう。

>> 腸と免疫力の深い関係をもう少し詳しく説明します