運動するとかゆみが出るメカニズム

運動するとからだがかゆくなることありますね~!私も、大人になってからはあまり運動しないのでなくなりましたが、学校でマラソンとかすると太ももの前面が真っ赤になってかゆいのなんの!

特に寒い時に動くとかゆくなるのは温熱じんましんというじんましんの一種です。急に血管が広がったり自分の汗に反応して免疫反応が起こりヒスタミンが吹き出しかゆくなります。

反対に急に冷えても同じようなじんましんが出ることもあります。これは冷感じんましんと言います。

温熱じんましんが出た時はその部分を冷やしてください。クールダウンするイメージです。血管の拡張を鎮め、ヒスタミンを落ち着かせます。

運動で出てくる温熱じんましんは、運動を続けて体が慣れてくると急な血管拡張もなくなり自然に出なくなるといいますので、諦めずに続けてほしいと思いますが、できれば動く前にストレッチをして体を慣らしてから動くとか、服装で冷たい外気温を防ぐ工夫が効果的です。じんましんが出やすい肌に服がすれると余計にひどくなることがありますので、体に密着したウェアを着ることをおすすめします。

そして、最後に注意なのですが、ジョギングや筋トレなど激しい運動をすると免疫力が落ちます。運動はとても良いことですが、あまり激しいと交感神経優位の自律神経の狂いが生じて、顆粒球が多い免疫系のアンバランスが生じます。

運動しながらこのアンバランスを生まないために、乳酸菌で免疫力対策していきませんか?↓のページに書かれていることはアレルギーが出やすい副交感神経優位の場合の対策ですが理屈は一緒です。参考にしていただければ、と思います。

>> 免疫力のアンバランスを整えてもっと健康になろう!