かゆみが慢性化して消えない原因

かゆみが消えない原因と言えば、まず上がってくるのが腎臓の異常です。尿毒症にもかゆみの症状が現れます。腎臓の機能が低下して老廃物がうまく排出されず血液の中を巡っている状態です。

かゆみは尿毒症性物質や老廃物が混じった汗、感染症にかかりやすいなどが原因で起こります。かゆみと同時に倦怠感や食欲不振、動悸や貧血などが起こる場合はすぐに病院へ行くことをおすすめします。

そこまでの重症感がない人は、もしかしたらありきたりでいつも食べる、または接触するものにアレルギーを起こしてるのかもしれません。例えば、いつも着てる服や下着、自分の汗にアレルギーが起こるとかゆみは消える間もなく常にかゆいでしょう。食べ物では、特にこれといった特定のものじゃなくても、それに含まれてる共通した添加物に反応している場合は原因特定が難しく把握できないこともあります。

かゆみの原因、アレルギー物質はそれこそ人の数ほど千差万別なので見てもいない私がここで判断することは出来ませんが、尿毒症などの病気は別として、アレルギーは元をたどれば免疫力の仕業です。

免疫力のバランスが崩れているとアレルギーは起こりやすくなります。自律神経のバランスは聞いたことあっても免疫力のバランスは聞いたことないでしょう?あるんですよ顆粒球とリンパ球のバランスが。これが均等に揃ってはじめて免疫が強化されます。

免疫がアンバランスになると何てことはないアレルゲンにも過剰に反応して、アホみたいに抗体を作り続けます。その溢れかえった抗体が脂肪細胞を破りヒスタミンが大量に放出されます。これが皮膚に出るとじんましんやアトピー、喉に出ると喘息と言われます。眼や鼻に出ると花粉症です。

アレルギーぽいな・・・と思われる方はぜひ免疫力のアンバランス解消を。アレルギー発症から早ければ早いほど治るのも早いですよ。

>> 免疫のアンバランス解消に有効な方法とは?