かゆみすべてにムヒが効かないのは当然です

蚊に刺されてムヒを塗ったのになかなかかゆみが消えない・・・普通、蚊ごときのかゆみなら有効成分が入ったムヒはよく効くはずなのですが、なかなか効かないということは、もしかしたら蚊に刺されたのではないかもしれません。

ダニとかやぶ蚊とか、蚊よりもキツイ虫に噛まれた場合、ムヒを一度塗ったくらいではなかなか治りません。もしくは蚊アレルギーを発症したか。そうなると普通の虫さされとはかゆみの質が変わってきますから、一度では治らないかもしれません。

単なる蚊程度の虫さされのかゆみは皮膚の表面部分の免疫反応ですから薬剤も届きやすく効きやすいですが、毒性の強い虫やじんましんなどのかゆみは免疫反応がもっと皮膚の奥から起こっているので多少効くことはあっても根本的には鎮まりにくいのです。

それに液体ムヒはステロイドが含まれてますので、あまり広範囲に塗るのはおすすめできません。大きく塗るならステロイドが入ってないクリームタイプのムヒSです。いずれにしても局所的、表面的なかゆみに効くと覚えておいた方がいいでしょう。

じんましんやアレルギーは免疫系のアンバランスが原因でヒスタミンが溢れ出すから出てくるものです。免疫系のバランスを整えましょう。長年患ってる人はそれだけ完治するのも時間がかかりますが、根気よく免疫系をフォローして軽減、完治を目指しましょう。

>> 免疫系のバランスを整えるにはどうすればいいか?