かゆみが全身に広がり乾燥している時の対処法

乾燥している肌はトラブルの元です。美容的にも良い状態ではありませんが、皮脂でしっかり保護されてない肌はアレルゲンや病原菌の侵入を許しやすいのでトラブルを起こしやすくなります。意識してうるおいを補完しておきましょう。

すでにかゆみが起こってるのは、なんらかのアレルギー物質が侵入して免疫細胞が反応しヒスタミンを放出してるのかもしれません。しっかり防御しておきましょう。

特に寒くなる時期は乾燥しやすいですが、この時期には体内、特に腸の動きが鈍る人が多いです。涼しくなるので水分も取らなくなりますし、空気の乾燥で肌表面の水分も奪われますので、いつにも増して乾燥しやすくなります。

腸の動きが鈍り水分も足らない・・・となると、確実に便秘しがちになります。腸の状態は免疫力にも大きく影響していて、便秘している体は免疫力が落ちている可能性が高くなります。だから本来ならなんてことはないアレルゲンにも免疫が過剰反応してかゆみが出やすいんです。免疫系が狂ってるんです。

さらに便秘だと有害なガスが血液に乗って体内を回りますが、これが細胞1個1個に届き活力を奪っていきます。血流も悪くなり充分な栄養が回ってこないのでさらに弱っていきます。

こうなると肌に何が起こるのか?お肌に大切なターンオーバーが滞るのです。乾燥した肌が入れ替わることなく、やっと入れ替わったとしても根本的に腸内を改善しない限りトラブルを起こしやすい肌は改善しません。

「乾燥してるから何か塗らなくちゃ・・・」で終わってはいけません。乾燥してるなら元の原因は何かを考えてそこから解決していかないといたちごっこでいつまでも健康的な肌は手に入りません。

>> 毎日お通じがある腸を目指そう!