肌がピリピリかゆい理由と改善法

安物のセーターを着た時のようなチクチク、ピリピリするような不快感・・・特に何も身につけてない部分にもピリピリがあってとても不快な症状です。

これはとても肌が敏感になってる状態の時に起こります。接触性敏感肌やアレルギー性敏感肌、アトピー性皮膚炎の可能性もあります。季節の変わり目には気候や体調の変化に反応してなる敏感肌もあります。

原因は、外的内的含めたストレス、自律神経の乱れ、不規則な生活、寝不足、元々持っているアレルギー体質などです。ストレスには季節の変わり目に受ける気候によるストレスもあります。

要するに免疫力が落ちてるんです。かゆみと免疫力は一見関係ないように思えるのですが、これが関係大ありで、自律神経が乱れる時免疫力も一緒に乱れるのですが、ピリピリを繰り返すようなアレルギーぽい体質の方は、免疫細胞の中のリンパ球が増えてバランスが崩れている状態になってます。

実はこのリンパ球が多い状態は、普通ならそんなアレルギーになるような物質ではないものまで敵とみなし攻撃を開始します。その時に大量に抗体が作られるのですが作られすぎて抑制が効かず、とうとう自分の脂肪細胞まで壊し、その中に保管されてるヒスタミンを大量に放出してしまうのです。

それが皮膚表面まで来ると肌は少しの刺激にも敏感になる「ゆらぎ」の状態になります。かゆみを起こし、かいたところが余計かゆくなり・・・治まったと思ってもまたアレルギー原因物質や汗や寒冷などの刺激を受けると発症を繰り返す、という悪循環にハマります。

免疫力が落ちているならバランスを整え、本来の敵にしか反応しない免疫力にしてやればいいのです。自律神経を治すにはストレスを軽減するという少しむずかしい作業をしなくちゃいけませんが、もちろんこれも同時に徐々に行って欲しいですが、免疫力を整えるのは腸に働きかけるだけなので免疫力を整えるほうが簡単にできます。腸の改善を行えば自律神経も少しは整ってくるんですよ。

最近、腸のことが見直されてますよね。腸は健康の要です。だって自律神経にも免疫力にも影響してくるのですから。毎日排便できるようになって腸をとにかくキレイに保つこと。これが皮膚の健康を保つためにも有効です。

>> 腸と免疫力とかゆみの関係をもう少し詳しく説明します