かゆみが全身に!突然現れるかゆみの解説

急に赤くなったりポツポツができたりしてかゆくなるのは「じんましん」です。急性じんましんは1ヶ月ほどで症状が出なくなり「あれは何だったんだろう・・・」と不思議に思うじんましんで、慢性じんましんは1ヶ月を過ぎても出たり引いたりを繰り返すじんましんです。

出てくるきっかけとしては、なんらかの食物アレルギー、化学物質アレルギー、お風呂や走るとよく出てくる温熱じんましん、寒いと出てくる冷感じんましんなど原因はさまざまです。

いつの間にか消えたじんましんが出た前に、何かいつもと違うものを食べた覚えはありませんか?旅行に行ったりして環境が変わった時はありませんか?少し病気をしていつもは飲まない処方薬を飲んだとか。

慢性じんましんでは、もしかしたらいつも食べてるものにアレルギーが出てるのかもしれません。もしくはいつも飲むような便秘薬や頭痛薬などに反応しているのかもしれません。

アレルギーやじんましんは、バランスを崩し暴走している免疫系が引き起こすものです。何らかの物質が体内に入ってきた時、敵か見過ごしていいものか曖昧になってる免疫細胞があやまって攻撃してしまい、大暴走していますので自分の脂肪細胞まで誤爆してヒスタミンを大量に放出させます。

それが皮膚に出てきたのがじんましんやアトピーです。ノドに出れば喘息と言い、目や鼻に出れば花粉症と呼ばれます。すべては誤爆されて吹き出したヒスタミンが起こす免疫反応です。

解決法は、とにもかくにも免疫系のバランスを整えて正常にしないといけません。じんましんだけでなく、このままではいろんな病気にかかりやすい状態です。免疫系にバランスなんてあるの?と思う人もいるでしょうが、顆粒球とリンパ球のバランスはとても大事なわりに割と簡単にストレスや身体的疲れで崩れます。アレルギーが出る人はリンパ球が増えてる不均衡な状態です。

>> 免疫力のバランスってどうやって整えたらいいの?