クラジミアはかゆみが出る?症状と治療法

結論から言うと、クラミジアに感染した女性には自覚する症状はあまりありません。しいて言えばオリモノが水っぽくなったり膿を含んだりすることがありますが、まったく自覚できないことも多いです。かゆみもありません

ただ、放っておくとかなり厄介なことになります。不妊の原因になるのです。クラミジア菌が卵管を通りぬけお腹の中へ入っていきます。卵管炎や子宮内膜症などの子宮系の病気はもちろん、不妊にもなりやすいですし、卵管炎が起こった結果、子宮外妊娠をしやすくなったりします。

腹膜炎なども起こすことがあります。クラミジアが肝臓の表面で増えると急性肝周囲炎という症状を引き起こし、ものすごい激しい腹痛で救急で運ばれる事態になります。

感染経路は性行為です。泌尿器系の炎症を起こした男性からは非常に高い確率でクラミジアを発見できるそうです。こういった保持者の男性と関係を持つことで感染します。逆にクラミジアが潜伏している女性と性交渉した男性も感染します。

男性にはハッキリとした症状が出ますので、まず男性に気をつけてもらわなければいけません。ご夫婦の場合は両者が感染している可能性が高いですから、一緒に治療に向かわれたほうがよろしいかと思います。

こんな恐ろしいクラミジアですが所詮ウィルスなので、免疫力が高い時は症状が抑えられたり感染しないことがあります。免疫力の状態で感染率は変わってきます。完全に防げるということではないですが高めておくに越したことはないでしょう。

いま性器にかゆみが伴っているとしたらカンジダかもしれませんね。これも免疫力が低下した時に感染しやすいと聞いた方は多いと思います。

性病・・・と聞くと、なんとなく免疫力とは関係ないように思うのですが、大ありです。将来の妊娠のために、または性病なんて心配をせずに済むように、ぜひ免疫力アップを目指しましょう。

>> 免疫力アップにおすすめの乳酸菌サプリのご紹介