真菌がかゆみを起こすメカニズム

真菌と聞いてまず思い出すのが水虫ですね。白癬菌という真菌が身体に感染してかゆみを起こします。白癬菌は足の指の間だけに感染するのではありません。手にも感染するし陰部にも頭部にも感染してる部分が長時間つくようなことがあればそこの部分にも感染します。例えばあぐらをかくと足の指が当たりがちなふくらはぎなど。

で、かゆみのメカニズムなんですが、実はこの白癬菌自体がかゆみを起こしてるんじゃないんです。白癬菌をやっつけようとしている免疫反応の結果かゆみが出ます。水虫のかゆみなんて菌がウニョウニョ動くからかゆいんだろう・・・と思い込んでましたが違うんですって。

免疫力が働いて外敵をやっつけて排出しようとする時、熱や鼻水、咳、下痢などの症状が出ますが、かゆみも免疫反応の症状のひとつです。水虫に感染してそれを免疫力がやっつけて排出されようとしてるのがムズムズかゆかったりジクジクしたりする症状です。

まだ免疫が活発に働いてくれている間は自然治癒も可能な時期なんです。薬の力を借りれば比較的簡単に治るでしょう。しかしなんとなく放置するか治療を途中でやめてしまって年月が経つと、白癬菌は角質の奥深くに入り込み、慢性化していきます。その頃には足の指だけじゃなく、足の裏全体、爪などにも感染が広がってることが多いです。

しかも角質に深く入り込みジクジクやかゆみの時期を過ぎてしまうと、なんと免疫力と白癬菌は共生してしまうと言うのです!あまりしつこくいるもんだから、免疫も慣れてしまって敵とは認識しなくなる!こうなると自己治癒は不可能。薬で何年もかけて治療しないと治りません。

今まだかゆみで困ってる段階がベストタイミング!免疫力が味方に付いてくれている間に集中して一気に治してしまいましょう!