かゆみが消えない・・・腎臓が影響しているかゆみについて

腎臓は機能が低下すると、尿として老廃物や毒素が処理できなくなり体内を巡って皮膚の中からのかゆみを引き起こします。透析患者さんは腎臓が機能しなくなり透析しないと老廃物を処理できませんが、やはりかゆみとの戦いになるそうです。かいても消えるかゆみではなく、辛さのあまり自殺した人もいるそうです。

腎臓だけでなく、内臓の疾患があるとかゆみは起こりやすくなります。腎臓の他、肝臓や甲状腺、糖尿病がその主な病気です。内臓に問題があってかゆみがでることを「デルマドローム」と言います。

かゆみは表面的なものではなく中からのかゆみなので掻いても消えません。かゆみ止めもあまり効かないようです。

でもこのかゆみは、身体が発する異変を気付かせるためのサインであることが最近わかってきたそうです。じんましんなどは出ないのに掻いても掻いても消えないしつこいかゆみが出たら、念のため病院で検査を受けてください。