布団に入るとかゆみが出るのはなぜ?

布団に入ってかゆみが出る原因としてまず考えられるのが「温熱じんましん」です。布団に入って体温が高まると血管が広がり血行が良くなって毛細血管にあるかゆみ神経を刺激します。布団に入ってもあまり体温が上がらないように部屋を冷やしておくとか、かゆくなってきた時に素早く冷やすために枕元に保冷剤を置いたり、とにかく体温が上がらないよう、かゆみを掻かないように注意してください。

その他考えられるのがダニ。あまり手入れのされてない布団の中には間違いなくダニが大繁殖しています。その上で寝れば必ずと言っていいほどダニを吸い込みますので、ダニのタンパク質にアレルギーを起こしてかゆみが出て来ます。しっかり掃除機をかけ天日干しをしてダニを減らす努力をしてください。

そしてもうひとつ、自律神経の関係も疑われます。布団に入る時間帯は活動の交感神経から休息の副交感神経に切り替えなければいけない時間です。そうしないと身体が休みません。しかし普段からストレスの多い生活をしている人は自律神経も乱れがちで、その大事な切り替えがうまくいかないことがあります。

この切替の時間は健康な人でも何かしらトラブルを起こしやすい時間です。自律神経が乱れがちでアレルギーの体質であれば、かゆみくらいは出ても当たり前なのかな・・・と思われます。

自律神経を元に戻しましょう。・・・と言いたいところですが、現代の社会でストレスフリーになるのは到底ムリなお話。それでも徐々にストレスをなくすことは大事です。でないとどんどん不健康になっていきますから。でもそうは言ってもかゆみだけは早く抑えたい・・・と言う方は免疫力を改善していく方法を取ってください。

免疫力とかゆみ・アレルギーにはとても深い因果関係があります。その発生するかゆみは要は免疫が働いてやっつけられた物質の成れの果てです。でもあなたの免疫力は間違えてるのです。本当はそんな一生懸命やっつけるほどの物質ではないのにむちゃくちゃになって叩いてるのです。

実は自律神経と免疫力も因果関係があって切り離せないものなのですが、物理的に腸をキレイにしてやれば免疫力はある程度復活するんです。ストレスのほうが今のところどうしようもないなら腸にアプローチしてみましょう。わりと簡単です。乳酸菌を送り込んで善玉菌優位にすればいいだけですから。

>> 私のあせも体質を治した乳酸菌とは?