緑茶でかゆみ・・・薬にも毒にもなる緑茶

緑茶はアレルギー報告がされています。緑茶工場の従業員が喘息を起こしており、調べた結果カテキンにアレルギー反応を起こしていることがわかったそうです。

お茶の葉を使ったものはわりとアレルギーを起こす人が多いようです。烏龍茶でもアレルギーが出る報告があるようです。

麦茶は大麦なので緑茶アレルギーとは系統が違います。小麦アレルギーがある人は麦茶はどうなの?と悩んでらっしゃるのを時々拝見しますが、一応小麦と大麦で種類は違うので基本的には大丈夫です。

しかし麦の仲間でタンパク質の構成が似ているので、毎日のように飲んでいるとアレルギーが出る人もいるようです。注意しながら飲んだほうが良さそうです。

アレルギー体質の人が飲むお茶はトラブルが起きやすい茶葉や麦はやめて、ハーブに切り替えてみてはどうでしょう?特にルイボスティーはヒスタミンの量を減らす実験結果があり、その効果はまるでステロイド剤を薄めたようだと言う医者もいるほどです。かゆみを軽減してくれるということですね。

それに便秘にとても効くんですね。ルイボスはマグネシウムがたくさん含まれています。マグネシウムといえば便秘で医者に行った時にもらうマグラックスやマグミットと呼ばれる薬、あれはマグネシウムです。水分を集めて便を柔らかくし排出しやすくしてくれる働きがあります。

そしてルイボスにはもうひとつ、抗酸化作用があるんですね。便秘が治って抗酸化作用があるということは、美容にとても効果的ということです。痩せやすくなるし肌の輝きも違ってきます。

そしてアレルギーの改善にも便秘解消は必至なんです。腸をキレイにすると免疫力が上がります。すると体内にたまったアレルギー物質を排出しようと頑張ってくれますからアレルギーが完治に向かいやすいんですね。

好転反応を経て嫌なアレルギーが良くなって、便秘が治り痩せやすくなって肌もキレイになる・・・特に女性には嬉しい事ばかりじゃないですか?トラブりやすい緑茶はやめてルイボスティーに切り替えていきましょう。ノンカフェインだし妊婦さんでも飲めますよ。

ルイボスティー