かゆみが唇に出る理由と解消法

口の粘膜が裏返って乾いてるのが唇で、ものすっごく弱い部分なんですね。基本的には何をしても荒れるものだと思ったほうが楽です。

特に女性は唇の荒れに敏感ですが、ティッシュのような柔らかいものでこすっても荒れるきっかけになります。保護するにはリップをしょっちゅう塗って乾かないようにするしかないようです。

落ちにくい口紅も荒れるきっかけには充分。落とす時に余計にゴシゴシしてしまうのもダメです。紫外線でも荒れる、歯磨き粉が残っていても荒れる、刺激物を食べても荒れる・・・やっぱり普段は寝る時にもリップを塗って汚れから守らないといけないみたいですね。

荒れまくってしまってどうしようもない時は「はちみつパック」しましょう。はちみつとワセリンとサランラップを用意します。パックする前には唇の汚れはキレイに落としておきましょう。時間があればパックの前に唇を蒸しタオルで温めて柔らかくしてきます。

はちみつとワセリンは1対1です。口に塗るだけなのでちょっとずつで。それをよく混ぜて口に塗りラップを貼って10分ほど放置です。

ワセリンは普段乾燥しないように塗るリップの代わりにもなるので、唇が荒れやすい人は1つ常備しておくといいでしょう。防腐剤や添加物が入ってる市販の安いリップより安心です。