ダニ刺されとダニアレルギーのかゆみの違い

ダニに刺されたのとダニアレルギーの見極めですが、これはとても簡単で、実際に人間を噛むダニとアレルギーの元になるダニは別種類です。

噛むのはイエダニとツメダニ。アレルギーの元になるのはコナヒョウダニヤケヒョウダニというチリダニ科のダニです。噛まれるとそこだけかゆい、そこだけ腫れる、そして梅雨から夏に向けての活動期によく噛まれる、その他のシーズンに噛まれることはほとんどないです。

それに比べてダニアレルギーの方は季節問わず発症します。涼しい季節に布団でかゆみを感じるようになったらダニアレルギーかもしれません。死んでても生きてても吸い込むとダニのタンパク質に反応してアレルギーが出るんですね。

アレルギーのかゆみは虫さされとはあきらかに違い、じんましんのようなアトピーのような湿疹が出ます。ひじの裏やひざの裏、首周りなどにまず出やすいと思いますので、その部分はあまり湿らないようにベビーパウダーなどを塗って乾燥させておきましょう。汗や皮脂で湿ると雑菌が繁殖しやすくかゆみがひどくなります。

アレルギーは今のところ完治させる薬などはなく、かゆみを軽減させて掻きむしらないようにして改善したように見せる対処療法ばかりです。舌下療法なども話題になってますが、まだまだ臨床段階です。

アレルギー体質は免疫力のアンバランスが引き起こしていますので、根本から改善するには免疫力をアップしないといけません。アレルギーは腸内環境を改善すれば良くなるというのを聞いたことはありませんか?腸内環境を改善すれば免疫力がアップするからです。

今まだ本格的なアトピー性皮膚炎に移行していないうちに免疫力をしっかりアップしていきましょう。アレルギーは長引かせるとそれだけ完治に時間がかかります。

>> 腸内環境を簡単に改善するには?